プラダを着た悪魔のアウトプット

ご覧いただきありがとうございます。

どうも、身体と心のパーソナルコーチの小倉です、

映画のアウトプットです。

プラダを着た悪魔は、
以前に観たことがあったのですが、
忘れてしまっているため、
急に観たくなり、観ることにしました。

プラダを着た悪魔 (The Devil Wears Prada)

オシャレではないライター志望の
主人公アンドレアが
今後のためにファッション誌の面接を受け、
無事受かります。

そこは誰もが憧れるとこですが、
ミランダという責任者が厳しく
過酷で首をすぐ切られたり、
続かないところでした。

初めは変わらない服装でしたが、
失敗をしてから奮起をし、
一気にファッションを変え、
仕事をがんばります。

私も仕事の失敗をすることがありますが、
そこから奮起をし、自分を変えていっています。

叱られても、はいと言い、
素直に従い、自分を変えようとしています。

昔はいらついていたのですが、
自分を変えないと変わらないと気づいたのです。

後から発覚しましたが、

  • 仕事ができそうな人に叱り、そうじゃない人には言わない
  • 行動に叱っていて、人格を否定しているわけじゃない

と知りました。

それから仕事を楽しめるようになりました。

まだ叱られますが、いらつかないし、成長しました。

がんばっていると言ってくれました。

それもあって観ながら、感情移入しました。

映画の話に変わって、

そこから仕事ができることを認められ、
仕事を任せられるようになります。

やはり、自分を変えるために努力すると、
人は見てくれてるんだと思います。

最終的にはミランダの行動に疑問を持ち、
仕事を辞めました。

違うとこで、面接を受けた際、

ミランダにアンドレアはどうか聞いたら、
採用しなかったらあなたはバカだと
言います。

昔障害者の就労移行支援書にいた頃、
職場にいた外国人の方が、
楽天に転職しようとした時、

楽天から責任者に電話が来ていたことがありました。

それを思い出しました。

こういったこともあるので、
今ある環境でまず仕事をがんばって、
それからどうしてもと思ったら、
辞めるのがいいと思いました。

”まず自分が変わることです。”

また、女性は仕事ができると昇進し、
私生活が崩れるとありました。

女性の方はどう思いますか?

主人公が成長していく姿を観て、
自分に当てはめてみてください。

それでは。